「東日本大震災支援協力会議」は、沖縄県内各界の関係機関等で構成する県民一体となった東日本大震災の被災者受入れを支援する組織です。

沖縄県の支援情報

【重要】平成28年度ふるさと旅費支援について

東日本大震災支援協力会議では、沖縄県内に避難された方々のうち、ふるさとへ戻る場合、
または、県外へ住居を移転する場合の航空運賃の支援を受付けています。

1.支援の対象者
 現在も沖縄県内に避難されており、下記の項目のいずれかに該当する方。
 (1)県内で災害救助法に基づく民間借上げ住宅や公営住宅等の住宅支援を受けた方
 (2)一時的・緊急避難に係る県の「旅費・宿泊費支援」を受けた方

2.支援期間
 平成28年4月1日~平成29年3月31日

3.支援内容
 (1)沖縄県から県外(国内)へ住居を移転する場合の航空運賃を支援します。
 (2)支援額は1人当たり40,000円が上限となります(40,000円を超える場合、その差額分は自己負担)。
 (3)支援は、1回限りとなります。
 (4)一時帰宅については当支援の対象外です。

4.支援の申請
 申請する場合は、下記の書類を添付して申請して下さい。
 ※なお、航空券は事務局を通じて手配しますので、事前に購入した場合は対象外となります。

 ①帰還支援申請書(PDF:25KB)
 ②身分証明できる書類(運転免許証、健康保険証など)
 ③借上げ住宅や公営住宅の「退去届」の写し
 ※退去後、一定期間が経過している場合は避難状況の確認のため、住民票の提出をお願いする場合があります。

5.申請先
 沖縄 東日本大震災支援協力会議事務局
 〒900-8570那覇市泉崎1丁目2-2
 5階知事公室防災危機管理課内
 TEL:098-866-2143 FAX:098-866-3204

  ふるさと旅費支援について(リーフレット)

東日本大震災に係る避難者向け借り上げ住宅入居申込みの終了及び入居期間の延長について

みだしのことについて、沖縄県からお知らせがあります。

沖縄県ホームページ(東日本大震災に係る避難者向け借り上げ住宅入居申込みの終了及び入居期間の延長について)

http://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/kemminseikatsu/shiminkatsudo/syuuryou.html

平成25年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の一次募集について

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人

(2)特定非営利活動法人

(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)

(4)公益法人

(5)その他会長が適当と認める団体

3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業

(2)心のケア事業

(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、平成25年4月16日 ~ 平成26年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数 10人以上 30人以上 50人以上
助成金額 10万円 20万円 50万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数 5回以上20回未満 20回以上
助成金額 10万円 20万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業 50万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成25年3月18日(月)から平成25年4月4日(木)午前中(必着)

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。

※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、 ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課)
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
沖縄県知事公室防災危機管理課
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要(PDF:15.4KB)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(PDF:92.5KB)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(EXCEL:51.0KB)

いのちを守るフリーダイヤル・Eメール相談を実施中です

この度、沖縄県 福祉保健部 障害保健福祉課からお知らせがございます。

あなたの悩み相談してください。
「つらい」「消えてしまいたい」そんなふうに思うのは、決して心が弱いからではありません。
電話してみませんか。
話すことで、少し気が晴れるかもしれません。

いのちを守るフリーダイアル Eメール相談 読んで役立つ ほっと安心手帳

平成24年度 東日本大震災被災者支援活動助成事業の交付決定について

みだしのことについて、平成24年11月16日(金)に、東日本大震災被災者支援活動助成事業審査会を開催し、下記の事業に助成金交付を決定したのでお知らせします。

1.団体名:いのちの未来プロジェクト・ふちゅくるん
  事業名:福島県被災児童を対象とした伝統文化芸能交流
  事業概要:被災児童による伝統芸能演舞と伝統工芸品製作を通して県民との交流を図る。
  交付決定額:500,000円

2.団体名:一般社団法人 芸術文化交流アジア協会
  事業名:国際学術会議と芸術家の饗宴 震災児童たちを抱きしめて・・・
  事業概要:癒しの音楽を演目としたオーケストラコンサートを通して、被災者の心の癒しを図る。
  交付決定額:400,000円

平成24年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の二次募集について

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人

(2)特定非営利活動法人

(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)

(4)公益法人

(5)その他会長が適当と認める団体

3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業

(2)心のケア事業

(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、平成24年11月26日 ~ 平成25年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数 10人以上 30人以上 50人以上
助成金額 10万円 20万円 50万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数 5回以上20回未満 20回以上
助成金額 10万円 20万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業  50万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成24年10月31日(水)から平成24年11月9日(金) 必着

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。

※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、 ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課)
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
沖縄県知事公室防災危機管理課
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要(PDF:106KB)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(PDF:93KB)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(EXCEL:42.5KB)

東日本大震災被災者支援活動助成金(平成24年度分)の交付決定について

  みだしのことについて、平成24年4月13日(金)に、東日本大震災被災者支援活動助成事業審査会を開催し、下記の事業に助成金交付を決定したのでお知らせします。

1.団体名:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会
  事業名:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会
  事業概要:避難者、主にじゃんがら会会員を対象とした交流会や講習会を実施する。
  交付決定額:300,000円

2.団体名:NPO東北人集まっぺ
  事業名:NPO東北人集まっぺ 東北からの避難者との交流事業
  事業概要:先住東北人がつなぎ手となって避難者と県民の交流の場、芋煮会を実施する。
  交付決定額:260,000円

3.団体名:南城市社会福祉協議会
  事業名:絆プロジェクト 南城市内避難者交流&地域定着支援事業
  事業概要:市内の避難者との交流及び関係機関との情報交換会を実施する。
  交付決定額:160,000円

4.団体名:与那原町社会福祉協議会一般社団法人
  事業名:東日本大震災避難者交流会
  事業概要:町内の避難者との交流を目的とした、北部視察、グラウンドゴルフ交流会を実施する。
  交付決定額:200,000円

5.団体名:那覇商工会議所青年部
  事業名:避難者支援ビーチパーティー交流会
  事業概要:県民と避難者が家族ぐるみで交流ができるビーチパーティを開催する。
  交付決定額:500,000円

6.団体名:有限会社プロジェクトゼンコ
  事業名:童謡コンサートと動物とのふれあい
  事業概要:被災者交流を目的とした童謡コンサートと動物園で動物とのふれあい。
  交付決定額:480,000円

7.団体名:医療法人社団
  事業名:心のケア事業
  事業概要:避難者の生活に即したきめ細やかな心のケア事業を展開する。カウンセリング等(30回程度の見込み)。
  交付決定額:200,000円

8.団体名:沖縄避難者サポートネットワーク
  事業名:沖縄避難者サポートネットワーク
  事業概要:車による送迎ボランティアで、避難者の移動のサポートを行う。
  交付決定額:500,000円

9.団体名:沖縄県臨床心理士会沖縄避難者サポートネットワーク
  事業名:沖縄県臨床心理士会心の健康サポート事業
  事業概要:「こころのコリをほぐす会」開催し被災者の心理教育と、交流会等へ臨床心理士を派遣する。
  交付決定額:500,000円

10.団体名:NPO法人沖縄災害救助犬協会
  事業名:被災者とセラピー犬とのふれあい交流及び心のケア事業
  事業概要:セラピー犬を活用した交流会等を通じ、心のケアをも図る。
  交付決定額:500,000円

平成24年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の一次募集について

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人

(2)特定非営利活動法人

(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)

(4)公益法人

(5)その他会長が適当と認める団体

3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業

(2)心のケア事業

(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、平成24年4月16日 ~ 平成25年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数 10人以上 30人以上 50人以上
助成金額 10万円 20万円 50万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数 5回以上20回未満 20回以上
助成金額 10万円 20万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業  50万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成24年3月12日(月)から平成24年4月2日(月) 必着

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。

※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、 ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課)
TEL:098-866-2724(平成24年3月31日まで)
FAX:098-866-2725(平成24年3月31日まで)
平成24年4月1日以降の問い合わせ先は
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
沖縄県知事公室防災危機管理課
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要

東日本大震災支援活動助成金交付申請書

東日本大震災被災者支援活動助成金(第三次募集)の交付決定について

みだしのことについて、平成23年11月22日(火)に東日本大震災被災者支援活動助成事業審査会を開催したところ、下記の事業について助成金の交付を決定しましたので、お知らせします。

1.団体名:ワンネスの会

事業名:被災者と地域をつなぐゆんたく交流会

事業概要:うるま市を中心に避難者と行政、社会福祉協議会、ボランティアグループ等の交流会を開催する。

交付決定額:200,000円

2.団体名:株式会社沖縄ファミリーマート

事業名:サンタが我が家にやってきた!~X’mas ケーキプレゼント~

事業概要:家庭にサンタクロースがケーキのプレゼントを届ける。

交付決定額:500,000円

3.団体名:沖縄在住被災者支援ネットワーク

事業名:沖縄避難者サポートネットワーク

事業概要:車による送迎ボランティアで、避難者の移動のサポートを行う。

交付決定額:388,000円

4.団体名:社会福祉法人 那覇市社会福祉協議会

事業名:東日本大震災避難者子育てサポート事業

事業概要:児童の預かり等による保育サービスを提供する。

交付決定額:500,000円

東日本大震災被災者支援活動助成金(第二次募集)の交付決定について

みだしのことについて、平成23年9月8日(木)に東日本大震災被災者支援活動助成事業審査会を開催したところ、下記の事業について助成金の交付を決定しましたので、お知らせします。

1.団体名:南城市社会福祉協議会

事業名:絆プロジェクト 南城市内避難者交流事業

事業概要:地域の被災者交流を目的とした情報交換会を開催する。

交付決定額:80,000円

2.団体名:被災者支援ネット石垣島「ちむぐくる」

事業名:ちむぐくる被災者交流事業

事業概要:地域の被災者交流を目的とした情報交換会を開催する。

交付決定額:100,000円

3.団体名:西原町社会福祉協議会

事業名:東日本大震災被災者交流会

事業概要:地域の被災者交流を目的とした情報交換会を開催する。

交付決定額:200,000円

4.団体名:一般社団法人 TAO Factory

事業名:親子で楽しむ沖縄感動体験ワークショップ

事業概要:被災児童を対象とした現代版組組踊りのワークショップ・イベント招待等

交付決定額:320,000円

5.団体名:NPO法人 沖縄災害救助犬協会

事業名:被災者とセラピー犬とのふれあい交流及び心のケア事業

事業概要:セラピー犬を活用した交流会等を通じ、心のケアを図る。

交付決定額:500,000円

6.団体名:一般社団法人つなぐ光

事業名:被災者支援交流ステーション「つなぐカフェ」

事業概要:浦添市内に、情報提供や相互交流の場「つなぐカフェ」を設置する。

交付決定額:500,000円