「東日本大震災支援協力会議」は、沖縄県内各界の関係機関等で構成する県民一体となった東日本大震災の被災者受入れを支援する組織です。

支援活動助成金

平成27年度東日本大震災被災者支援活動助成金の交付決定について

みだしのことについて、平成27年4月28日(火)に、東日本大震災被災者支援活動助成事業審査会を開催し、
下記の事業に助成金交付を決定しましたのでお知らせします。

             記

1.つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~
(1)事 業 名:つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~
(2)事 業 概 要:被災者が避難先でお互いにつながりを持ち、安心して生活できるよう、
避難者と県民の交流バザーや相談会、必要な情報交換等を行う。
(3)交付決定額:200,000円

2.福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会
(1)事 業 名:避難者交流会
(2)事 業 概 要:自然体験プログラムや宿泊型の交流会を通じて、
避難生活の安定化のベースとなる、心の健康を促す。
(3)交付決定額:300,000円

3.沖縄県臨床心理士会 被災者支援対策本部
(1)事 業 名:避難者のためのこころの健康サポート事業
(2)事 業 概 要:避難生活の長期化に伴い、複雑・具体化するニーズに対応するため、
個別相談を強化し、「おはなし会(仮称)」を開催する。
(3)交付決定額:300,000円

平成27年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の一次募集について【受付終了】

標記のことについて、『平成27 年度東日本大震災被災者支援活動助成事業(一次募集)』を下記のとおり募集いたします。

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、
支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人
(2)特定非営利活動法人
(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)
(4)公益法人
(5)その他会長が適当と認める団体
3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業
(2)心のケア事業
(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、助成金交付決定後 ~ 平成28年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者
及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数   助成金額
・10人以上     10万円
・30人以上     20万円
・50人以上     30万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数  助成金額
・5回以上       10万円
・20回以上       20万円
・50回以上       30万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業 30万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、
支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成27年3月17日(火)から平成27年3月31日(火)午前中 (必着)

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に
必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。
※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課内)
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

被災者支援活動助成金交付要綱
東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要(平成27年度1次募集用)
H27東日本大震災支援活動助成金交付申請書(PDF)
H27東日本大震災支援活動助成金交付申請書(EXCEL)

平成26年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の決定について

標記のことについては、下記のとおり決定しましたのでお知らせ致します。

【一次募集分】(平成26年5月23日決定)
1.団 体 名:沖縄萩の会
事 業 名:沖縄萩の会被災者支援交流事業
事業概要:被災者の自然体験や、沖縄萩の会会員との合同交流会の開催
問合せ先:098-893-8575(千葉)

2.団 体 名:NPO東北人集まっぺ
事 業 名:NPO東北人集まっぺ 東北からの避難者との交流事業 平成26年度
事業概要:先住東北人がつなぎ手となって避難者と県民の交流の場「芋煮会」を開催する(11月30日、2月開催予定)。
問合せ先:070-5481-7836(宗像)

3.団 体 名:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会
事 業 名:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会 平成26年度事業
事業概要:被災者、主にじゃんがら会会員を対象とした宿泊型交流会を実施する。
問合せ先:080-6498-6720(関根)、070-5484-1125(桜井)

4.団 体 名:いのちの未来プロジェクト・ふちゅくるん
事 業 名:伝統芸能交流企画
事業概要:被災児童による伝統芸能演舞と伝統工芸品製作を通して県民との交流を図る。
問合せ先:090-1947-9924(崎山)

5.団 体 名:つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会
事 業 名:つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~
事業概要:避難者と県民の交流バザー、相談会、勉強会等を実施する。
問合せ先:080-5547-9568(大須賀)

6.団 体 名:沖縄県臨床心理士会被災者支援対策本部
事 業 名:沖縄県臨床心理士会避難者のためのこころの健康サポート事業
事業概要:被災者の心理教育を目的としたカウンセリング等の実施、心理士の派遣。
問合せ先:098-895-8423(琉球大学教育学部 伊藤研究室内 伊藤)

※各団体より周知依頼を受け、協力会議HP及びメールマガジンによるお知らせしておりますが、
内容(開催日・申込等)つきましては各団体へお問い合わせください。

平成26年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の一次募集について【受付終了】

標記のことについて、『平成26 年度東日本大震災被災者支援活動助成事業(一次募集)』を下記のとおり募集いたします。

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人

(2)特定非営利活動法人

(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)

(4)公益法人

(5)その他会長が適当と認める団体

3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業

(2)心のケア事業

(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、助成金交付決定後 ~ 平成27年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数 10人以上 30人以上 50人以上
助成金額 10万円 20万円 50万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数 5回以上20回未満 20回以上
助成金額 10万円 20万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業 50万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成26年3月26日(水)から平成26年4月9日(水)午前中 (必着)

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。

※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、 ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課)
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
沖縄県知事公室防災危機管理課
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要(PDF)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(PDF)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書2(EXCEL)

沖縄県臨床心理士会~からだとこころをほぐす会~のお知らせ

「沖縄臨床心理士会被災者支援対策本部」より~からだとこころをほぐす会~のお知らせです。

沖縄県臨床心理士会避難者交流会からだとこころをほぐす会」

日時:3月2日(日)13:00~16:00

場所:南部医療センター/こども医療センター講堂
   (沖縄県島尻郡南風原町字新川118-1)

対象:東日本大震災に伴って避難されてこられた方
費用:無料

参加申込・問合せ先:
沖縄県臨床心理士会被災者支援対策本部事務局 伊藤 
TEL&FAX 098-895-8423
ほぐす会

米須あすなろ会~ふるさとハートプロジェクトinこめす~のお知らせ

『米須あすなろ会』より、交流会~ふるさとハートプロジェクトinこめす~のお知らせです

<趣旨内容>

沖縄県内の被災者を対象に農村地域である米須に案内し、米須の取り組みである米須むら丸ごと生活博物館と郷土料理等を堪能しながら音楽イベントやアロマ体験などを行い、ゆったりとした癒しの空間で沖縄での心と心の交流を図る目的で行う。

<対象者>

ライカナイカードお持ちの方

<参加費>

 無料

<場所>

 須コミニティセンター(糸満市米須42.)

 ※駐車場は米須小学校(糸満市字米須632番地)

日時>

 平成26年3月9日(日)11:00~

 ※移動は観光バスにて行う

首里駅9:00・おもろまち駅9:20・久茂地駅9:40・赤嶺駅10:00

イベント終了後の移動は米須コミニティセンターから17:00にバスにて赤嶺駅から

<交流内容>

 ①村まーい

 ②料理提供 ※開発中の地域特産品料理とスイーツもあります。

 ③アロマ体験

 ④ネイル体験

 ⑤ブレイブボード大会

 ⑥児童向け映画鑑賞

 ⑦イベント(県内アーティスト等)

  ※古謝美佐子 その他

<託児について>

 ボランティアスタッフ(保育士等)にて児童託児をおこないますが、事前に申し込みお願いします。※年齢(性別)当日でも対応は可能ですが準備等がありますのでご協力お願いします。

お申込、お問い合せ>

米須あすなろ会

担当:山城 渉ハートプロジェクト1(ヤマシロ ワタル) 070-5279―5066 又は 090-3012-2641

つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~イベントのお知らせ

つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~からイベントのお知らせです。
チェルノブイリ事故から、被災地の子供たちの転地療養を続け
長く経験のあるNPO法人『チェルノブイリへのかけはし』代表
 野呂美加さんが沖縄に来ます。
この機会に是非お話を聞いてみましょう。

 【テーマ】こどもの保養と健康回復~ベラルーシ小児甲状腺がん医療研修報告~
 【講 師】NPO法人『チェルノブイリへのかけはし』代表 野呂美加

ーーーーーーーーーーーー 講演会 ーーーーーーーーーーーー

【日時】2014年2月19日(水曜日)午後7時~午後9時
【会場】とよみ生協病院 6F会議室
 (豊見城市真玉橋593-1)http://www.toyomi-hp.jp/

                                      
ーーーーーーーー 保養に関するゆんたく会 ーーーーーーーー

【日時】2014年2月21日(金曜日)午後1時~午後4時
【会場】沖縄県男女共同参画センター てぃるる 3F和室でいご
(那覇市西3-11-1)http://www.tiruru.or.jp/
     午後1時~ 内部被曝から子供を守るためにできること
     午後2時~ 保養と健康回復・受け入れについて

沖縄での保養受け入れにご賛同頂ける方を募集しております!

ゆんたく会については、託児(無料)ご希望の方は事前にご連絡ください

【講師プロフィール】
野呂 美加 /NPO法人『チェルノブイリへのかけはし』代表。
1992年にチェルノブイリ原発事故(1986年)で被災した子供たちを
日本に受け入れ転地療養させる活動を始める。
これまで招待した子供は19年間で648人。
2005年 国際交流基金より『地球市民賞』受賞。
2009年4月に夫の仕事のために北海道北見市に移住。
東日本大震災後、フクシマ原発事故による放射能汚染と、
その子供への影響についてチェ ルノブイリでの体験をもとに
お母さんたちの相談にのっているお話会を開催。
 NPO法人チェルノブイリへのかけはしHP http://www.kakehashi.or.jp/

つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会 http://tsunagouinochi.blogspot.jp/ 



お問い合わせ・申し込みアドレス noromikakouen@yahoo.co.jp

活動にご賛同いただける方はカンパのご協力お願いします!
命どぅ宝かけはし野呂美加講演会案内

サポートステーションSHANTI~交流&就業支援セミナー~のお知らせ

~交流&就業支援セミナーのお知らせ~

サポートステーションSHANTI(シャンティ)から、沖縄避難者の皆さまへご案内です。下記の内容で、交流&就業支援セミナーを開催いたします。

【就業支援テーマ】仕事で使える英会話 実践編

【内容】ビジネス基本フレーズを学び、「聞いて分かる」力をつける

    フリートークおよび自習

    TOEICなどの就職に役立つ試験の対策

【対象者】ニライカナイカードをお持ちの避難者

【日程】2月・3月の毎週水曜日

【時間】13001500

【場所】サポートステーションSHANTI(シャンティ)。(那覇市首里真和志町2-2)首里城守礼門の正面、首里城前ストア隣り。

【参加費】500円/2ヶ月

【託児】託児サービスはありませんが、サポートステーションSHANTI(シャンティ)内にキッズスペースがあり、絵本など用意しております。お子さんを連れて参加可能です。

【お問合せ・お申込み】サポートステーションSHANTI 担当:菊井

電話:090-8423-8608  E-mail:okinawanet7@gmail.com

申し込み時にお名前・ご住所・ご連絡先を知らせ下さい。

会場へのアクセスは下記からご覧いただけます。

ホームページwww.okinawanet1.jimdo.com

つなごう命~おむすび市~開催のお知らせ

「つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~」より

安心安全バザーと相談会『おむすび市2014』の開催についてお知らせです。

日時2月9日(日)11:00~16:00

会場那覇市民会館 和室、会議室

※無料駐車場が満車の場合は、会場向かいの日赤医療センター駐車場(有料)をご利用ください。

主催つなごう命 沖縄と被災地をむすぶ会

◆イベント内容

無農薬野菜◇キッズスペース◇放射能勉強会◇講演会◇ベクレルフリー食材◇

医療・法律無料相談◇心のケア◇おべんとう◇お菓子◇クラニオセイクラル無料お手当◇

ドリンク◇指笛王国コンサート◇ワークショップ

授乳スペース、おむつ交換スペース、託児スタッフもいます♪

お問い合わせ

070-6596-6537

070-6592-5888(大須賀)

~第5回芋煮会&第2回餅つき大会開催のお知らせ~

NPO東北人集まっぺより、交流イベントのお知らせです

東日本大震災支援活動助成金対象イベント

第5回芋煮会&第2回餅つき大会 
同時開催のお知らせ~2月9日(日)~

皆様こんにちは。

NPO東北人集まっぺのむなかたです。

私達は、東北から沖縄に避難されていらした皆様と、沖縄の皆様との交流の架け
橋になることを目的として活動しております。

今回も、5回目になる東北の秋の風物詩「芋煮会」沖縄でいうビーチパー
ティーみたいな)と、じゃんがら会主催の餅つき大会を同時開催し、東北の秋や
お正月の雰囲気を沖縄で感じながら、避難者の皆様と交流できたらと思います。

美味しい芋煮(里芋を使ったすき焼き風のものをご用意いたします)と、東北の
美味しい日本酒、東北の美味しいお菓子、つきたてのお餅を囲んで、楽しい会話
をお楽しみください♪

芋煮会とは
芋煮会は、親睦を深める行事として、沖縄で例えると「ビーチパーティー」のよ
うに、家族・友人・地域・学校・職場などのグループで行われています。青森県
を除く東北地方各地では特に盛んに行われ、秋の風物詩となっています。また、
新潟県や関東地方では、地域イベントを中心に芋煮会が行われています。芋煮会
を開催する人々にとっては野外での宴会(またはお楽しみ会)のひとつであり、
春の花見・秋の芋煮会として双璧をなしています。

日時 2月9日(日) 9:00~16:00

芋煮会スケジュール&メニュー

9:00~ テント設営 ☆男性でお手伝いできる方はお願いいたします☆

10:00~ 調理開始。メニュー「山形風芋煮(醤油味)&具は山形風だけど味噌
味も」
     うどん入れます。

12:00~ 餅つき、お食事、歓談タイム。

○東北の日本酒、東北のお菓子もご用意します。
 他にビール、ソフトドリンクあり。
    
   
☆差し入れ大歓迎!!余興してくださる方も募集中!!

16:00~ 終了。後片付け。

17:00  解散。

17:00~ その場でお時間ある方は、反省会という名の飲み会(笑)

☆持参するもの:器、お箸、コップ、他。
 調理に参加してくださる方は、包丁、まな板、エプロン、ザル、ボウルなどお
持ちいただけると助かります。

開催場所 那覇新都心公園 大原っぱ

◎定員 200名(材料の関係がありますのでご予約お願いします)
当日参加もOKですが、芋煮やお餅がない場合はご了承くださいませ。

◆参加費  じゃんがら会会員 無料
     ニライカナイカード提示で無料
     福島県人会会員 無料
     一般参加者 500円(活動費に当てさせていただきます)

◆飲酒される方は、飲酒運転をしないようにお願いいたします!!

■芋煮会 主催 NPO東北人集まっぺ

■餅つき大会 主催 じゃんがら会

ご予約・お問い合わせ
NPO東北人集まっぺ 代表 むなかた(福島県出身)
TEL 070-5481-7836
Mail npo_touhokujin☆hotmail.co.jp→☆を@に変えてください。