「東日本大震災支援協力会議」は、沖縄県内各界の関係機関等で構成する県民一体となった東日本大震災の被災者受入れを支援する組織です。

協力会議メンバーへのお知らせ

平成27年度東日本大震災被災者支援活動助成金の交付決定について

みだしのことについて、平成27年4月28日(火)に、東日本大震災被災者支援活動助成事業審査会を開催し、
下記の事業に助成金交付を決定しましたのでお知らせします。

             記

1.つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~
(1)事 業 名:つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~
(2)事 業 概 要:被災者が避難先でお互いにつながりを持ち、安心して生活できるよう、
避難者と県民の交流バザーや相談会、必要な情報交換等を行う。
(3)交付決定額:200,000円

2.福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会
(1)事 業 名:避難者交流会
(2)事 業 概 要:自然体験プログラムや宿泊型の交流会を通じて、
避難生活の安定化のベースとなる、心の健康を促す。
(3)交付決定額:300,000円

3.沖縄県臨床心理士会 被災者支援対策本部
(1)事 業 名:避難者のためのこころの健康サポート事業
(2)事 業 概 要:避難生活の長期化に伴い、複雑・具体化するニーズに対応するため、
個別相談を強化し、「おはなし会(仮称)」を開催する。
(3)交付決定額:300,000円

平成27年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の一次募集について【受付終了】

標記のことについて、『平成27 年度東日本大震災被災者支援活動助成事業(一次募集)』を下記のとおり募集いたします。

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、
支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人
(2)特定非営利活動法人
(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)
(4)公益法人
(5)その他会長が適当と認める団体
3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業
(2)心のケア事業
(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、助成金交付決定後 ~ 平成28年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者
及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数   助成金額
・10人以上     10万円
・30人以上     20万円
・50人以上     30万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数  助成金額
・5回以上       10万円
・20回以上       20万円
・50回以上       30万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業 30万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、
支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成27年3月17日(火)から平成27年3月31日(火)午前中 (必着)

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に
必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。
※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課内)
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

被災者支援活動助成金交付要綱
東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要(平成27年度1次募集用)
H27東日本大震災支援活動助成金交付申請書(PDF)
H27東日本大震災支援活動助成金交付申請書(EXCEL)

平成26年度東日本大震災支援協力会議第1回総会資料について

みだしのことについて、平成27年2月6日(金)に開催されました、
平成26年度東日本大震災支援協力会議第1回総会の資料を掲載します。

【資料1】これまでの被災者支援の取組等について
【資料2】つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会
【資料3】沖縄県臨床心理士会被災者支援対策本部活動報告
【資料4】沖縄県内の被災者支援に係る今後の方針について
【参 考】アンケート結果

平成26年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の決定について

標記のことについては、下記のとおり決定しましたのでお知らせ致します。

【一次募集分】(平成26年5月23日決定)
1.団 体 名:沖縄萩の会
事 業 名:沖縄萩の会被災者支援交流事業
事業概要:被災者の自然体験や、沖縄萩の会会員との合同交流会の開催
問合せ先:098-893-8575(千葉)

2.団 体 名:NPO東北人集まっぺ
事 業 名:NPO東北人集まっぺ 東北からの避難者との交流事業 平成26年度
事業概要:先住東北人がつなぎ手となって避難者と県民の交流の場「芋煮会」を開催する(11月30日、2月開催予定)。
問合せ先:070-5481-7836(宗像)

3.団 体 名:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会
事 業 名:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会 平成26年度事業
事業概要:被災者、主にじゃんがら会会員を対象とした宿泊型交流会を実施する。
問合せ先:080-6498-6720(関根)、070-5484-1125(桜井)

4.団 体 名:いのちの未来プロジェクト・ふちゅくるん
事 業 名:伝統芸能交流企画
事業概要:被災児童による伝統芸能演舞と伝統工芸品製作を通して県民との交流を図る。
問合せ先:090-1947-9924(崎山)

5.団 体 名:つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会
事 業 名:つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~
事業概要:避難者と県民の交流バザー、相談会、勉強会等を実施する。
問合せ先:080-5547-9568(大須賀)

6.団 体 名:沖縄県臨床心理士会被災者支援対策本部
事 業 名:沖縄県臨床心理士会避難者のためのこころの健康サポート事業
事業概要:被災者の心理教育を目的としたカウンセリング等の実施、心理士の派遣。
問合せ先:098-895-8423(琉球大学教育学部 伊藤研究室内 伊藤)

※各団体より周知依頼を受け、協力会議HP及びメールマガジンによるお知らせしておりますが、
内容(開催日・申込等)つきましては各団体へお問い合わせください。

平成26年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の一次募集について【受付終了】

標記のことについて、『平成26 年度東日本大震災被災者支援活動助成事業(一次募集)』を下記のとおり募集いたします。

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人

(2)特定非営利活動法人

(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)

(4)公益法人

(5)その他会長が適当と認める団体

3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業

(2)心のケア事業

(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、助成金交付決定後 ~ 平成27年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数 10人以上 30人以上 50人以上
助成金額 10万円 20万円 50万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数 5回以上20回未満 20回以上
助成金額 10万円 20万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業 50万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成26年3月26日(水)から平成26年4月9日(水)午前中 (必着)

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。

※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、 ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課)
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
沖縄県知事公室防災危機管理課
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要(PDF)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(PDF)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書2(EXCEL)

平成25年度東日本大震災支援協力会議総会について

平成25年度東日本大震災支援協力会議が下記のとおり開催されました。

                  

                      記

日時:平成26年1月31日(金) 16時~17時

会場:沖縄県庁4階 講堂

・東日本大震災支援協力会議の取組状況報告及び被災者支援団体の活動報告

・沖縄県内の被災者支援に係る今後の方針について   等

<資料>

平成25年度東日本大震災支援協力会議第1回総会次第

【資料1】これまでの取組状況について

【資料2】沖縄避難者サポートネットワーク

【資料3】NPO東北人集まっぺ

【資料4】今後の方針(参考:アンケート結果)

平成25年度 東日本大震災被災者支援活動助成事業の交付決定について(二次募集分)

みだしのことについて、平成25年10月17日(木)に、東日本大震災被災者支援活動助成事業審査会を開催し、下記の事業に助成金交付を決定したのでお知らせします。

                記

1.団体名:非営利活動法人沖縄県立美術館支援会happ

事業名:絵画作成ワークショップを通した交流事業

  事業概要:被災者を対象とした絵画制作体験ワークショップ等を開催する。

  交付決定額:500,000円

2.団体名:米須あすなろ会

  事業名:ふるさとハートプロジェクト

  事業概要:被災者を米須に招待し、被災者と地域住民の交流会を開催する。

  交付決定額:500,000円

3.団体名:那覇市サッカー協会

  事業名:沖縄県内に避難している被災者と陸前高田市少年サッカーチームとの集い

  事業概要:被災者をサッカー大会に招待する他、エイサー体験、選手との交流会を開催する。

  交付決定額:300,000円

4.団体名:報得川3丁目夕日の会

  事業名:沖縄国際映画祭見学交流ツアー

  事業概要:被災者を沖縄国際映画祭に招待するなど、沖縄を満喫でき今後の励みとなるようなイベントを開催する。

  交付決定額:193,000円

5.団体名:宮川大助花子ファミリーよしもとナショナルDreams

  事業名:宮川大助花子ファミリー復興イベント

  事業概要:被災者をよしもと興業の宮川ファミリーと、沖縄在住のお笑い芸人が企画した復興イベントに招待する。

  交付決定額:100,000円

平成25年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の二次募集について【受付終了】

標記のことについて、『平成25年度東日本大震災被災者支援活動助成事業(二次募集)』を下記のとおり募集いたします。

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人

(2)特定非営利活動法人

(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)

(4)公益法人

(5)その他会長が適当と認める団体

3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業

(2)心のケア事業

(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、助成金交付決定後 ~ 平成26年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数 10人以上 30人以上 50人以上
助成金額 10万円 20万円 50万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数 5回以上20回未満 20回以上
助成金額 10万円 20万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業 50万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成25年9月24日(火)から平成25年10月8日(火) (必着)

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。

※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、 ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課)
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
沖縄県知事公室防災危機管理課
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(PDF)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(EXCEL)

平成25年度 東日本大震災被災者支援活動助成事業の交付決定について

みだしのことについて、平成25年4月26日(金)に、東日本大震災被災者支援活動助成事業審査会を開催し、下記の事業に助成金交付を決定したのでお知らせします。

 記
1.団体名:つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会
  事業名:つなごう命~沖縄と被災地をむすぶ会~
  事業概要:避難者と県民の交流バザー、相談会、勉強会等を実施する。
  交付決定額:500,000円

2.団体名:NPO東北人集まっぺ
  事業名:NPO東北人集まっぺ 東北からの避難者との交流事業
  事業概要:先住東北人がつなぎ手となって避難者と県民の交流の場芋煮会や、被災者同士の交流会を開催する。
  交付決定額:500,000円

3.団体名:いのちの未来プロジェクト・ふちゅくるん
  事業名:伝統芸能交流2013(夏のエイサー交流・春の和太鼓交流)
  事業概要:被災児童による伝統芸能演舞と伝統工芸品製作を通して県民との交流を図る。
  交付決定額:500,000円

4.団体名:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会
  事業名:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会 平成25年度
  事業概要:被災者、主にじゃんがら会会員を対象とした宿泊型交流会を実施する。
  交付決定額:500,000円

5.団体名:東北・沖縄つながる会議
  事業名:被災者支援交流事業 東北・沖縄『つながるカフェ。』
  事業概要:『つながるカフェ』を定期的に運営し、ひと、もの、情報の交流を行う。
  交付決定額:500,000円

6.団体名:沖縄県臨床心理士会被災者支援対策本部
  事業名:沖縄県臨床心理士会避難者のためのこころの健康サポート事業
  事業概要:被災者の心理教育を目的としたカウンセリング等の実施、心理士の派遣。
  交付決定額:500,000円

7.団体名:沖縄避難者サポートネットワーク
  事業名:沖縄避難者サポートネットワーク定期交流会
  事業概要:定期的な交流会及び講習会等を通して、避難者の情報共有・孤立防止・支援機関との連絡調整を図る。
  交付決定額:500,000円

平成25年度東日本大震災被災者支援活動助成事業の一次募集について

1.目的

東日本大震災により沖縄県内に避難している被災者への支援を促進するため、被災者支援活動に関する助成を行い、支援活動の活性化を図り、被災者支援の向上に寄与することを目的とする。

2.申請資格

助成申請ができる団体は、次の各号に該当する団体とする。

(1)社会福祉法人

(2)特定非営利活動法人

(3)ボランテイア団体(会員10名以上で会則、会計規則等を有する団体)

(4)公益法人

(5)その他会長が適当と認める団体

3.助成対象事業

助成の対象となる事業は、次のとおりとする。

(1)被災者等交流事業

(2)心のケア事業

(3)その他東日本大震災支援協力会議会長が特に必要と認める事業

※ただし、平成25年4月16日 ~ 平成26年3月31日の期間に行われる事業を対象とする。

上記事業については、東日本大震災支援協力会議が発行するニライカナイカ-ド(被災者支援カ-ド)を所有する者及びカ-ドを所有していないが、カ-ドの発行条件に合致する者を対象とする事業でなければならない。

4.助成金額及び助成対象経費

(1)被災者支援交流事業(沖縄県内に避難している被災者の交流を目的とした事業)

被災者参加人数 10人以上 30人以上 50人以上
助成金額 10万円 20万円 50万円

(2)心のケア事業(訪問等を中心として心理カウンセリングが必要な方へのケア事業)

カウンセリング回数 5回以上20回未満 20回以上
助成金額 10万円 20万円

※回数は、対象人数に関係なく累計とする。

(3)その他会長が適当と認める事業

上記(1)及び(2)以外の事業 50万円を上限とする。

5.交付回数

1団体1回のみ

6.実績報告

助成の交付を受けた団体は、当該事業終了後30日以内又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに、支援活動助成金実績報告書と添付書類を提出しなければならない。

7.募 集 期 間

平成25年3月18日(月)から平成25年4月4日(木)午前中(必着)

8.申請方法

助成金額の交付を受けようとする団体は、東日本大震災被災者支援活動助成金交付申請書(第1号様式)に必要書類を添付し、東日本大震災支援協力会議会長に提出する。提出方法は持参もしくは郵送とする。

9.審査方法

募集締め切り後審査会において事業計画及び目的等を基準に審査を行い、採否の結果について1~2週間後に通知する。

※事業の採択は予算の範囲内で決定します。

※必要に応じて、提出された書類の内容等について、関係者に対し、 ヒアリングを実施する場合があります。

10.提出先(お問い合わせ先)

〒900-8570
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
東日本大震災支援協力会議事務局(防災危機管理課)
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
沖縄県知事公室防災危機管理課
TEL:098-866-2143
FAX:098-866-3204

東日本大震災被災者支援活動助成金交付要綱の概要(PDF:15.4KB)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(PDF:92.5KB)

東日本大震災支援活動助成金交付申請書(EXCEL:51.0KB)