「東日本大震災支援協力会議」は、沖縄県内各界の関係機関等で構成する県民一体となった東日本大震災の被災者受入れを支援する組織です。

トップページ » お知らせ, 一時帰宅支援 » 【重要】生活準備のための一時帰宅支援について

【重要】生活準備のための一時帰宅支援について

東日本大震災支援協力会議では、被災時の居住地等での生活再開を検討するにあたって必要な事前準備を目的として行う
一時帰宅に対し、航空運賃の一部を補助します。
<例>被災した住家の修理・清掃 又は 新たな住まいの確保、就職活動、子の転校・入園等の就学手続 など

1.支援の対象者
震災の発生時に岩手県、宮城県又は福島県に居住していた方のうち、災害救助法に基づく沖縄県内の民間借上げ住宅や
公営住宅等の住宅支援を受けた方

2.申請期間
平成28年2月1日~平成29年2月28日(平成29年3月31日の搭乗分まで受付可能)

3.支援内容
被災時の居住地等において必要な生活準備等を行うために、一時帰宅する際の航空運賃(往路)を支援します。
1世帯あたり4万円を上限とし、往路のみが対象経路となります(4万円を超える場合、その差額は自己負担)。
② 支援は1世帯につき1回限りとします。
※なお、航空券は事務局を通じて手配しますので、事前に購入した場合は対象外となります。

4.必要書類
【様式第1号】一時帰宅申請書
② 申請者の身分を証明できる書類(運転免許証、健康保険証等)
③ 借上げ住宅等への入居又は入居していたことを証明する書類の写し
※退去後に一定期間が経過している場合は、避難状況の確認のため、直近の住民票等の提出をお願いする場合があります。
④ 一時帰宅終了後、帰沖確認のため復路の航空半券か搭乗証明書。

<アンケート回答のご協力のお願い>
現地で実施した生活準備等の取組内容についてお伺いし、今後の支援の参考とさせていただくため、
アンケートの記入をお願いすることとしております。
④の書類の添付とあわせて、アンケート調査【様式第2号】の提出に御協力をお願い致します。

一時帰宅申請書(記入例)
アンケート用紙(記入例)

5.申請窓口及び問い合わせ先
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 県庁5階
東日本大震災支援協力会議 事務局(沖縄県知事公室防災危機管理課内)
TEL:098-866-2143 FAX:098-866-3204(平日 午前9時~午後5時)

申請要領
被災者支援制度告知チラシ

支援事業(ちらし)